about

mika kawakami
いのちがあること、いのちのあるものをテーマに、現実とファンタジーを織り交ぜた独特な世界観を展開する。
宇宙に向かってぐんぐん伸びるさつまいもの芽、
温かく発光するランプの上に浮くライオン、土の中で強かに時を待つ蕾。
生き物のユニークなカタチを油、アクリル、インク、ペンで表現する。
VJ、ダンサー、アパレル、ジュエラー等とのコラボレーション、 店舗看板への作品提供など活動の幅を広げている。

1994 – 1999 英国のアメリカンスクールに通いながら絵を描くことに魅了される
2000 – 2004 慶應義塾大学 美学美術史専攻
2010 個展「巣巣」@hatos bar 中目黒
2011 個展「tip of toe つま先の先」@hive cafe 飯田橋
2012 AFRICOファッションショーでの展示 @umu 六本木
ライブペイント @asahi art square
2013 ジュエリーブランドLovignetteとのコラボレーション展示@River Side Market&Gallery & 渋谷ヒカリエ

Setting “being” and “living things” as her main theme, mika kawakami paints a unique world where reality meets fantasy   – sprouts growing out of a sweet potato reaching up to the universe, a male lion floating above a warm lamp listening to the heartbeat of a baby in the womb, a flower bud waiting for its time to bloom deep down the soil.

mika collaborates with various artists from VJs, dancers, designers, to jewelers, and is willing to encounter many more.